2016年03月21日

部活動


**前記事の続き。

ボランティア活動以外に行ったことは部活動です!
2つの部活動を掛け持ちしました。

▼フットサル部
image.jpeg

練習は週に1回の3時間。テスト期間前は、活動しません。
image.jpeg
image.jpeg

コーチはいませんが、基礎を教えてくれたり練習もしくは試合の日程を決めたりする生徒がいます。要するに、日本で言うサークルのようなものだと思います。
image.jpegimage.jpegimage.jpeg

▼フロアボール部

フロアボールとは、インドアホッケーのようなスポーツです。日本では見たことのなかったスポーツだったのでめずらしいと思い入部を希望しました。
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg

そしてなんと 体育でも取り入れており フィリピンでは公式なスポーツとして扱われています。フロアボール部もフットサル部同様練習は週1回の3時間ですが、体育にも参加することができるので一般生徒と基礎を練習したり時には教えたりもします。
▼仲が良くなった体育を受講している一般生徒
image.jpeg
image.jpeg

今学期のリーグ戦では、なんとデラサール大学は3位に輝き、私はMVP賞を受賞しました!
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
スポーツをやっていることにより、留学生活がとても充実しています。なによりも出逢いが多く部員以外の、体育の一般生徒やデラサール大学だけではなく対戦校の選手とも友達になることができました!


posted by 日大交換留学生ブログ2015 at 17:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティア活動

みなさんこんにちは!

こちらデラサール大学は、学期末テストが迫っており図書館や学校周りのカフェに行けばテスト勉強をしている生徒でどこも満席です!

ここで "今学期私はなにをしていたか" を書こうと思います。

勉強よりも 自分のやりたいことを やっていきました。

まず最初に ボランティア活動。
image.jpeg

世界で「約2憶4600万人の子どもたちが労働に従事している」とされ、この数は世界の子どもたちの6人に1人に当たる数字となっています。その中の最も<最悪な労働>に従事させられている子どもたち、その一端であるストリートチルドレンの数は約1億7100万人以上、フィリピンでは約246000人いると発表されています。存在が把握されていない子どもたちが大半で、発展途上国の都市で特に問題となっているのがストリートチルドレンの現状です。

学校の外を出れば、大人だけではなく子供たちもお金や食べ物をせがんできます。コンビニやレストランの前に立ってドアを開け閉めしてくれたり路上で寝たりゴミをあさったり日本では見たことのない光景を毎日目にしていました。来始めたときは、心が痛み毎回考えさせられていたこともありさらにフィリピンの貧困問題と子供たちについて学びたいと思いました。

自分自身子供が好きで貧困問題と教育の関係について興味もあり、 去年の8月に発展途上国の都市で留学をすることが決まり知りたいことを知ってやりたいことをやると決心をしました。今学期から (1月〜) フィリピンのストリートチルドレン支援NGOである Child Hope Asia Philippines というボランティア団体に入り活動をさせて頂いています。

先週の木曜日は、子供たちの健康診断で救急車に乗って施設に向かいました。約50人の子供たちを医者が順番に診察している中、食品や薬を配って遊んで最後には勉強を教えるというお手伝いをさせて頂きました。子供たちはとても勉強に対する意識が高く将来の夢に向かって頑張っていました。

▼子供たちと水遊びや鬼学校などをしました!
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg

▼仲良くなった女の子。好きなものを共有しあいました。
image.jpeg

▼子供たちが勉強している姿。洋書をフィリピン語に翻訳したり私達が出した算数の問題をやっています。
image.jpeg

▼食べ物をもらって笑顔な子供達
image.jpeg
image.jpeg

posted by 日大交換留学生ブログ2015 at 03:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

Internationa Centerについて

皆さんこんにちは!更新が遅くなってすみません。こちらは1学期が終わり あっという間に 2学期の中間試験期間です。

それではさっそくIC (international center)について書いていこうと思います。ICは、留学生にとって必要不可欠なものでありホームであります。勉強関係だけではなく、授業の履修登録やビザの更新や 旅行の計画まで手伝ってくれます!なによりも、マニラツアー、スポーツ大会、ストリートチルドレンに勉強を教えたり食べ物を分けたりするボランティア、シュノーケリング、バスケットボールの応援のような 毎週のようにイベントを開催してくれます。
▼マニラツアーにて
IMG_9504[1].JPG
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg

▼ボランティアにて
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg

▼マングローブ植樹
image.jpeg
image.jpeg

学校内と学校外では、全く別の世界のように感じ、たくさん考えさせられることがあります。これらのイベントを参加することによって学校外のフィリピンの環境や人々について学ぶことが出来ます。

posted by 日大交換留学生ブログ2015 at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。